May 31, 2021

健康朝食に着目!家電の強みを活かせる自家製グラノーラサービスを目指して

Game Changer Catapult

健康朝食に着目!家電の強みを活かせる自家製グラノーラサービスを目指して

Written by 菅 祥彦


こんにちは、Game Changer Catapult(以下、GCカタパルト)の菅です。いきなりですが、ウィズコロナの生活様式になって1年以上、みなさんの食生活に変化はありますか?家で過ごす時間が増えたので、ちょっと太り気味で気を付けないと・・・なんて話はよく聞きますよね(自分もその1人です)。毎日の健康的なくらしのため、食を見つめ直している方も多いのではないでしょうか。

そのような背景もあり、私は現在、「心と体の健やかさ」をテーマに新規事業を推進しており、着目したのは朝食のシーン、中でも健康的なイメージのあるグラノーラです。
プロジェクトリーダーの私を含むチームメンバー3名で、安心・安全で栄養バランスも取れた食材と、おうちでグラノーラを作れる機器x食材のサービスを考えています。
今回は、本サービスのコンセプトに至る経緯や想い、将来の展望についてお話していきます。

2_菅 祥彦 Picture_of_Kan Yoshihiko

食の「砂糖問題」を解決し、健康を支える機器とサービスを

私たちの自家製グラノーラ機器サービスで実現したいのは、健康的な食生活のネックになりがちな「砂糖問題」を解決し、食を通じてより健康になれる、いわば医食同源がもっと身近になる世界です。結果として医療費の抑制に貢献できるのではないかと考えています。
例えば、世の中の動きとしても、コロナウイルスの影響もあり健康や安全への関心は高まり、健康食品市場も拡大を続けています。
中でも健康朝食として人気の高いグラノーラですが、調べてみると市販のものの多くにはかなりの量の糖質が含まれていることが分かりました。健康的だと信じて食べていても砂糖が原因で太ってしまうことに生活者も気が付いたのか、2017年頃にはグラノーラ市場の売上は頭打ちになっています。
そんな中でも、健康・機能性のカテゴリーを重視した栄養スナックは順調に伸びており、健康への意識の高さが分かりますが、それでも糖質は多く、「砂糖問題」は解決されていません。

私たちはこうした悩みを抱える生活者の課題に寄り添いたいと考えました。
現状、健康志向の方やヴィーガンの方も安心して購入できる低糖質な商品は専門店に行けば買えますが、値段は一般向け商品の5倍程度。アレルギー対策や筋力トレーニングなど用途に合わせて、自宅で手作りをされている人もいますが手間と時間がかかります。
低糖質で栄養バランスの取れた食材が自宅に届き、専用機器で自家製グラノーラを作ることができれば、安心・安全な食品が手間いらずに楽しめます。
簡単なものに頼ってしまいがちな朝に健康的な朝食を取ることが出来れば、肥満や糖尿病につながる「砂糖問題」も解決ができ、健康寿命を伸ばす医食同源が実現できるサービスだと考えています。

顧客との会話を繰り返し、顧客課題と顧客価値を結び付けていく

03_Picture_of_granola
04_Picture_of_granola

当初、大豆ミートなどの代替食品にするアイデアもありました。グラノーラに注力することにしたのは、ヴィーガンの人や健康意識の高い人の多くが日常的に食べているからです。
ヴィーガンには、育った環境やアレルギー体質がきっかけでなる人もいます。私が注目したのは20代でヴィーガンを目指す方が増えていること。学生時代に環境問題を学び、自ら選んでヴィーガンになったという人が増えています。ドイツのベルリンでは菜食者が15%程度と言われています。いつか、このような価値観が日本でも当たり前になるのでは、と思っています。例えば、東京などでは、ヴィーガンスイーツやレストランが増えていますし、ヴィーガンラーメンのチェーン店も誕生しています。私自身は、学生時代に世界の砂漠化の進行などの地球環境に関心を持ち農学部に進学しました。ヴィーガンの考え方に共感しましたし、時代とともに環境問題を意識し、実際に行動を起こしている方が増えていると感じました。
また、ヴィーガンになり肉類を食べなくなったことで体調がよくなったと感じる人もいるようです。環境問題に貢献しながら健康的にもなれるという食生活を身近にすることが、このプロジェクトの社会的な意義ではないかと実感しましたね。

コロナの影響でなかなか直接会うことは難しい中、Zoomなどでヴィーガンの人や環境意識の高い人と50人近くお話をしました。大豆ミートからグラノーラにピボット出来たのは、こういう方々との対話を重ねた結果です。何人かは気軽に相談できる関係にもなりました。さっと電話してアイデアの意見交換ができるのはありがたいです。

初期コンセプトの検討段階までは、ほぼ一人でやっていましたが、グラノーラに絞り込んでからチーム作りを始めました。GCカタパルトには新規事業を進めるのに必要なノウハウを持っているメンバーがいるので、改めて周りに相談できる環境が整っているのはありがたかったですね。
その際、課題に対して話し合うことはもちろん、新規事業を進める上で大切なビジョンの共有も必ず行いました。結果、私自身の苦手分野である調理に関する知見を持つメンバーも参加してもらう事ができ、適材適所のチーム編成ができたと思います。

顧客視点に立ちプロジェクトの価値を検証

05_Picture_of_granola
06_Picture_of_granola

現在は、顧客インサイトから抽出した顧客課題や顧客価値の仮説を検証しています。大切なのは顧客視点のリアルな情報なので、ヴィーガンの方や、健康・環境問題への意識が高い人に「普段の食生活」や「外食と自炊どちらが多いか」「グラノーラはどこで買っているか」「なぜヴィーガンになったのか」などといったヒアリングを行っています。進める内に、筋力トレーニングのためにタンパク質を多く摂りたいという30代の男性や、フルーツが好きでグラノーラを食べている20代の女性、ヘルシースナックのような手軽さを求めている人など、グラノーラに求められるものは人によって異なることも分かりました。既製品の場合ラインナップが限られており、パック売りだと一人で食べ切るのは大変だという声もあります。だからこそ私たちは、糖質ゼロ、筋力トレーニングに適したものなど気分や好み合わせて食材をカスタマイズでき、自宅で飽きずに手軽に食べ続けられるサービスにしたいと考えています。

今はヒアリングを重ねている段階ですが、大事なのは顧客が実際にお金を払ってでも解決したい課題は何か?どの価値か?を深く理解する事です。GCカタパルトでは、事業として未完成の段階から、小さく実際の商売をやってみて顧客と繋がり、リアルな声をフィードバック頂いて事業をブラッシュアップしていきます。私たちの場合、5月中旬から外部とも協力し、グラノーラのEC店舗を期間限定でOPENしています。ここでは、コンセプト・顧客価値を体現した複数のグラノーラの中から、どんな訴求(=顧客価値)が響き、実際に買ってもらえるかを確認します。そして、顧客の嗜好性、認知、購入までの流れやその時の感情を理解し、事業にしたときの顧客体験のストーリーを作っていく予定です。

人を幸せにする新事業実現に向けて

08_Picture_of_granola

環境志向、健康志向の高い人とお話をしていると、健康や環境問題解決への意識が広がっていることを感じます。私たちの事業でも、まず初めに強く共感頂いているヴィーガンの方々が、健康を維持しながら食事を楽しめる世界を実現することをトリガーに、こうした意識を一緒に広げていければと思います。その意味では、今回テーマにしている「砂糖問題」を解決するグラノーラは、ヴィーガンの人だけでなく、私たち1人ひとりの健康を支える上で必要とされるようになりたいです。
みんなが幸せになれる事業を目指しているので、将来的にはコスト面も抑え広く普及させていきたいですね。

「心と体の健やかさ」テーマにした私たちのサービスに少しでも興味がある方は、ぜひお気軽に声をかけていただき、みんなが幸せになる事業創出に向け一緒に取り組んでいきたいです。

グラノーラを期間限定で販売しています!!

GRANOLA Made by Nature

食物繊維、ビタミン・ミネラルなど、欲しい栄養素にあわせて素材が選べる
【全4ラインナップ】
GRANOLA Made by Nature 06_Picture_of_granola
https://graandnola.buyshop.jp/

GRANOLA

すこやかグラノーラ

グルテン、ミルク、砂糖など、からだの調子にあわせて取らない選択ができる
【全6ラインナップ】
sukoyaka granola 07_Picture_of_granola
https://gratonola.theshop.jp/

sukoyaka_int_article 08_Picture_of_sukoyaka_int_article

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
KEEP IN TOUCH!
プロジェクトの最新情報はSNSで発信しています。ぜひフォローしてください。