Ideas

Game Changer Catapult

Swallowee

とろみ飲料自動調理機による嚥下障害ケアサポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

嚥下障害を持つ方のためのとろみ飲料を手軽に便利に

飲み込む機能が低下する嚥下障害を持つ方が飲料を摂取する際は、誤嚥を防ぐため、飲料に“とろみ”をつける必要があります。しかし、適切なとろみ具合の飲料をつくるのは実は難しく、失敗すると誤嚥のリスクが高まるだけでなく、飲み心地を損ねて飲料の摂取拒否につながります。私達Swalloweeは、困難なとろみ付け作業をシンプルにし、とろみ飲料調理の負担を小さく、飲む喜びを大きくするソリューションを提供します。
  • Swallowee_image_1.jpg

    とろみ飲料の自動調整機能でもっと手軽に

    適切なとろみ具合の飲料を作るには、一般的にとろみ剤と呼ばれている「とろみ調整食品」の銘柄、飲料の種類や温度、 撹拌時間に配慮する必要があります。Swalloweeは、量や温度などの飲料の状態を判別し、最適なとろみ調整食品の量を自動で計測。とろみ調整食品の投入から撹拌まで自動で行います。
  • Swallowee_image_2.jpg

    3ステップで簡単に、失敗なくとろみ付け

    1. 専用コップにお好みの飲料を注ぐ
    2. コップにマドラーを入れて撹拌部にセット
    3. とろみ具合を選んでスタート

    終了後、マドラーをカップから取り出して出来あがりです。
  • Swallowee_image_3.jpg

    発声トレーニング機能

    撹拌後、飲料のとろみが安定するまでの時間に、Swalloweeによる音声案内で発声トレーニングができます。飲み込むために必要な筋肉をほぐし、誤嚥防止に貢献します。将来的には、Swalloweeと嚥下患者の双方向のコミュニケーションが可能に。日常会話を通して、より楽しく発声トレーニングができます。
    *言語聴覚士監修予定
  • Swallowee_image_4.jpg

    アプリで広がるサービス

    1. 水分摂取量管理サービス
    Swalloweeで作成したとろみ飲料の総量を記録し、作成量が少ない場合は水分補給を促す通知をスマホに送信。

    2. とろみ調整食品自動宅配サービス
    Swalloweeの使用状況からとろみ調整食品の残量を算出。残量が少なくなると、自動でとろみ調整食品をお届けします。

TEAM

  • Swallowee_harada.jpg

    原田 彩乃
    Ayano Harada

  • Swallowee_ito.jpg

    伊藤 忠弘
    Tadahiro Ito

  • Swallowee_ishii.jpg

    石井 大我
    Taiga Ishii

  • Swallowee_nakajima.jpg

    中嶋 絢子
    Junko Nakajima

KEEP IN TOUCH!
プロジェクトの最新情報はSNSで発信しています。ぜひフォローしてください。