May 8, 2020

節目となる5年目のビジネスコンテスト 初のオンライン説明会で幕開け

Game Changer Catapult

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

節目となる5年目のビジネスコンテスト 初のオンライン説明会で幕開け

GCカタパルト事務局 向奥


変化する社会の中で、新しい生活文化や心躍る体験の実現のために、未来の「カデン」を生み出すことを目指す、パナソニックの新規事業創出活動Game Changer Catapult(以下、GCカタパルト)。主要な取り組みの一つである社内公募によるビジネスコンテストも5度目となり、今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、初のオンラインでの説明会開催となりました。慣れない準備作業もありましたが、このピンチを新たなチャレンジの好機と捉え、実施しました。

説明会開催へ手探りでの挑戦

1_Picture of tryal explanation meeting in online_説明会開催へ手探りでの挑戦

こんにちは、GCカタパルト事務局の向奥です。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、皆様におかれましては健康に気を配って生活をされているかと思います。この未曾有の危機と最前線で戦われている全ての方に感謝するともに、一日でも早い収束を願いつつ、今私たち出来ることを着実に実行していきたいと思います。
このような事態ではありますが、私たちGCカタパルトは、ピンチをチャンスに変えるという精神で、社会課題を解決するという意をさらに強くし、ビジネスコンテストの準備を進めました。
このビジネスコンテストは、社員を対象に未来の「カデン」をつくるための新規事業アイデアを募集し、書類選考、経営幹部へのプレゼン、半年間のメンタリングやイベント出展などを通じてブラッシュアップし、事業化を目指します。その目的は、テレビや冷蔵庫、洗濯機などといった従来の家電の枠組みを取り払い、お客さまの新しい体験やサービス、悩みの解決につながる事業の創出や、それを実行するゲームチェンジャーの育成です。

参加者に最も必要なものは情熱です。非常事態のため従来通りのリアルな場での実施は出来ないという中で、情熱あふれる参加者にどのようにして熱のこもった情報発信が行えるのかということについては大いに悩みました。そして、GCカタパルト事務局で議論を重ね、オンラインでの開催を決定。これまでオンラインでの開催経験はありませんでしたが、その後2週間で社外のオンラインイベントへ参加したり、実際に運営されたことのある方に話を聞いたりするなど、手探りで準備を進めました。

無事に成功GCCの「課題解決」

2_Picture of success explanation meeting in online_無事に成功GCCの「課題解決」

結果を先にお伝えしますと、今回のオンライン説明会は大成功でした。様々な拠点の社員の参加が可能になるオンラインイベントならではのメリットを生かすことも出来ました。
参加者を募るための事前告知については、コロナウイルス感染拡大防止のため原則在宅勤務の職場が多く、各拠点内のポスター掲出だけでは十分ではありませんでした。そのため、カタパリストと呼んでいる、87人のGCカタパルトのプログラム経験者を中心に拡散の依頼をしたり、過去にGCカタパルトが主催したイベントに参加したことがある1350人に案内するなど、GCカタパルト関係者を総動員しました。
当日の進行では、ビデオをONにして(顔を出して)の参加依頼、チャットによる質疑応答を行うなど、参加者の一体感アップを図りました。途中でGCカタパルトの紹介動画も上映し、効果的に情報をインプット出来たと思います。

説明会では、ビジネスの前提が変化する中で「自らの実行にこだわる」、「外部との連携が前提」という考え方、オープンイノベーションの重要さについて紹介。新規事業を創出するプラットフォーマーとして、固定概念を忘れ、フラットな状態で新しい価値を実現しようという理念を伝えました。
具体的には、ゲームチェンジにつながる戦略的なアイデアを求めるにあたり、そのチャレンジを後押しするサポート体制や応募に必要となるエントリーシートの記入に関するティップスなどを紹介しました。書類審査においては、ゲームチェンジ性・実現性・適社性を評価されますが、最も大切なのは本人たちのパッションです。なぜ自分がこの課題に取り組み、それをどのようにして解決するのかについて、エントリーシートで熱く表現することが重要になります。

熱意と行動力があれば「GCCは人生を変える!」

3_Picture of change the life in GCC_熱意と行動力があれば「GCCは人生を変える!」

説明会の後半では、過去のビジネスコンテストに参加したカタパリストに体験談を語ってもらいました。
「変化を前提としたプロセスに関わることは大きな学びである」、「正直なところ活動はかなりきつかったが、それも含めて楽しく思える」など、経験者ならではの説得力のある話や率直な感想を参加者は真剣な表情で聞き入っていました。

3_Picture of persuasive impressons_説得力のある話や率直な感想

ビジネスコンテストの活動には学びや充実感があり、チャンスもあります。自身のアイデアを経営幹部に直接提案でき、様々なジャンルの専門家から事業化に必要となる知識を短期間で集中的に学ぶことが出来ます。
熱意と行動力があれば、「人生を変える」ことも可能なのです。

「C」のポーズで一致団結!

4_Picture of Web united ,gesturing 「C」letter in arms_「C」のポーズで一致団結!

説明会の締めくくりは、参加者全員が右手でGCカタパルトの「C」を作るお決まりのポーズで記念撮影。
初めてのオンライン開催のため、参加者のエンゲージメントを高めることが出来るのか不安ではありましたが、ふたを開ければ、参加者一人ひとりが非常に能動的で、終業後の実施にもかかわらず、5日間で計250名以上が参加した、熱量の高い説明会となりました。
説明会終了後には、多くの募集の相談に加えて、有志でアイデアブラッシュアップや仲間集めをするためのオンラインイベントが企画されるなど、GCカタパルトの活動を通じて、着実に挑戦する風土が醸成されていることを実感しました。一方で、会社全体の中ではまだまだ小さな活動であるのも事実です。今後も新規事業創出やオープンイノベーション関連のイベント開催などにより、一人でも多くの社員の心に火をつける、そんな活動を継続します!

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
KEEP IN TOUCH!
プロジェクトの最新情報はSNSで発信しています。ぜひフォローしてください。