Ideas

Game Changer Catapult

A Social Appearance Coaching Device

大切なのは“言葉以上にあなたを語るもの”

緊張によって起こるジェスチャーや声のトーンの変化など、心と体のつながりに注目。

プレゼンテーションで手が震えたり、声がうわずった経験はありませんか?そういった変化は言葉以上にあなたの印象を左右します。あなたの姿勢や声、ジェスチャーをセンサーでとらえ、 改善のアドバイスを提供するウェアラブルです。
  • 言葉に現れない
    コミュニケーション力をモニタリング・分析

    あなたのジェスチャー、姿勢、声のトーンなどの“変化”をウェアラブルがモニタリングします。たとえば、会議でプレゼンテーションする姿勢や声のトーンから、あなたの癖や傾向について分析し、より魅力的で説得力のある話し方やジェスチャーをアドバイスします。 緊張やストレスによって引き起こされる「動作の変化」に注目し、外見から改善する新しいアプローチです。
  • ゴールを自分らしく
    カスタマイズ

    プレゼンテーションやコミュニケーションにおいて、"ありたい姿"はそれぞれ違います。たとえば、より落ち着いた声のトーンや堂々とした姿勢で部下からの信頼感を得たい人もいれば、ダイナミックなジェスチャーと高めの声のトーンでエネルギッシュな自分を演出したい人もいます。まずはアプリケーションでゴールを設定することで、アドバイスもカスタマイズすることができます。
  • 主な機能

    ・衣服やブラジャーにつけたウェアラブルが、自動で声のトーン、話すスピード、姿勢、ジェスチャーをモニタリング
    ・姿勢やジェスチャーが設定したゴールに近づくように振動してお知らせ
    ・アプリケーションが詳細な分析をビジュアル化してアドバイス

    搭載センサー:
    サウンドセンサー
    モーションセンサー
    ストレスセンサー
  • プロトタイプ開発

    慶應義塾大学 特任助教の山岡 潤一氏とともにSXSW 2017に向けたプロトタイプを開発。モーションセンサーが搭載された2つのデバイスを身につけることで、ユーザーの姿勢をより正確にビジュアライズすることができます。

TEAM

  • 秋元 伸浩
    Nobuhiro Akimoto

  • 小川 智輝
    Tomoki Ogawa

  • 森本 高志
    Takashi Morimoto

  • 浅野 花歩
    Kaho Asano

  • 山岡 潤一
    Junichi Yamaoka
    Keio University Researcher, Artist

KEEP IN TOUCH!
プロジェクトの最新情報はSNSで発信しています。ぜひフォローしてください。